BRAND INDEX

Lineup:取扱いブランド

TOKEN

TOKEN Technology

tk_tech03.jpg


mk02.gif WGM(WEAPONS GRADE MACHINING)

l_wgm.png
正確な着弾が求められるミサイルの部品製造など、高い精度を求められる軍事産業で採用されている、5軸CNCマシンによる削り出しのハブボディです。
従来のCNCマシンで切削されたハブボディに比べ、より高強度で軽量、高精度なベアリングのハウジングはスム―ズな回転を約束します。
bt_gotop.gif



mk02.gif TFT(TOKEN FREE-SPEED TECHNOLOGY)

l_tft.png tft01.jpg tft02.jpg
TFTベアリングとはABEC5規格のステンレスボールに1個だけ少しサイズの小さなセラミックボールを組み合わせたもので、常にベアリング内のグリスが適度に混ざり合い、ベアリング内をクリーンに保つのが特徴です。ベアリングシールは、大きく設計が見直されており、ゴム製シールの内側0.5mmにK5ステンレス鋼を挟むことによって、接触面積を極限まで少なくすることに成功しました。これにより摩擦が少なく、より高速、より快適な乗り心地を実現します。またグリスには最高品質のクリューバー潤滑剤を使用しております。
bt_gotop.gif



mk02.gif TBT(TIRAMIC BEARING TECHNOLOGY)

l_tbt.png tbt01.jpg tbt02.jpg
TBTベアリングとは、チタンコーティングされたレースとコーン、グレード5セラミックボールと特別に設計されたデュアルリップシールによるTOKENの代名詞とも言うべきテクノロジーです。
頑丈で、非常に軽量なセラミックボールは、腐食に対して耐性はありますが、未処理のスチールレースを傷つけてしまうため、ベアリングレースをチタンコーティングすることで、耐久性と回転性能を両立させました。
bt_gotop.gif



mk02.gif PREMIUM BEARINGS

l_premium-bearings.png
プレミアムベアリングとは高炭素鋼を用いたベアリングです。
耐久性に優れており、長期にわたってスムーズな回転を持続します。
bt_gotop.gif



mk02.gif DSP(Diametric Spoke Pattern)

l_dsp-1.png
ダイアメトリックスポークパターンとは、ドライブ側スポークのクロスしている中央にラジアル組のノンドライブ側スポークが存在する構造です(ディスクモデル除く)。
このようにして、スポークの本数をドライブ側とノンドライブ側で変えることにより、横剛性を高め、優れた加速感を持たせることに成功したほか、ロードノイズの削減にも成功し、快適性の向上も同時に実現しました。
bt_gotop.gif



mk02.gif SWIFT-EDGE

l_swift-edge.png
「SWIFT-EDGE」とは、25C以上のタイヤに最適化されたワイドリム形状をとっており、タイヤの保持力を高めるほか、リムとタイヤ間の段差が少なくなるため、空気抵抗の減少にも貢献します。
bt_gotop.gif



mk02.gif AVT(ANTI-VIBRATION TECHNOLOGY)

l_avt.png avt01.jpg avt02_2.jpg
「AVT(ANTI-VIBRATION TECHNOLOGY)」とはケブラーに似た高度な素材です。
この素材をカーボンリムに組み合わせることで、強度や軽量性を損なうことなく大幅に振動を軽減し、快適な乗り心地を実現します。
また、カーボン内部でAVT素材を接着する特殊樹脂が有効に作用しリムの耐衝撃性が上がります。
AVTは、衝突テストにより通常のカーボンリムよりも破損しにくく、高い安全性が証明されております。
bt_gotop.gif



mk02.gif TgX(Tg eXtreme)

l_tgx.png
カーボンリムの製造時に特殊な高耐熱エポキシ樹脂を使用しており、ブレーキング時に生じる熱から起こるリムの変形および破損を防ぎます。
また、専用設計のブレーキパッドを組み合わせることで、より効果的に温度上昇を防ぎ、ダウンヒルなどブレーキを多用する状況でも、安心してライディングに集中できます。


※Tg(ガラス転移点)とは、物質が加熱や冷却などにより、性質変化が生じる温度のこと。
※リムへのダメージを防ぐため、カーボンリム用のブレーキパッドを必ずご使用ください。
bt_gotop.gif



mk02.gif AL+

l_al.png
「AL+」とは強度が高く、軽量な最新のアルミニウム合金です。
従来のアルミニウム合金と比較した場合、10パーセントの強度向上を実現しました。
bt_gotop.gif



mk02.gif TUBELESS READY

l_tubeless-ready.png
「TUBELESS READY」の表記があるホイールは、市販のチューブレス用バルブ、チューブレス用リムテープを装着し、自転車タイヤ用シーラント剤を注入することでチューブレスタイヤの利用が可能になります。

チューブレス用バルブ、チューブレス用リムテープ、自転車タイヤ用シーラント剤は付属しておりませんので、別途お求めください。また、チューブレスバルブにはTOKEN TK3351、TK3351A、TK3352Aチューブレスバルブのご使用を推奨いたします。

bt_gotop.gif



mk02.gif UCI APPROVED

l_uci.png
UCI APPROVEDの表記があるホイールは、UCI公認レースで使用が可能です。
bt_gotop.gif